女性側から好意をもってもらう

女性が好意を持ってくれるには頭が良いということが挙げられます。
自分にはないものを求めることがあり、頭の良い男性は女性は大好きです。
年上の女性に関しては尊敬できる人をもとめるけいこうがあるので、口説く方法に良いと思います。
しかし、頭が良いというのは実際にどういうことなのか知っておく必要があります。

lady (2)女性が好意を持つような頭の良さには種類があります。一番理解しやすいのが学歴です。
肩書きということになってしまいますが、有名大各卒業というだけで好きになる女性もいます。
学歴で職業や将来が決まると思っている女性は少なくありません。
職業としては弁護士や医者、歯医者、パイロット、社長さんという職業だけで選んでしまう場合もあります。
この際性格は関係ありません。

次に挙げられるのが豊富な知識です。
女性が知らないことをたくさん知っているだけで尊敬されます。
クルマ、スポーツ、動物、経済、ニュース、投資、株等の知識があるだけでもポイントアップです。
また、女性がさっぱりわからない分野であればより良いと思います。
女性の心理を刺激していることで恋愛感情が起こっているというわけです。

さらに、感性を刺激されることで女性は喜びを感じたりします。
なんの刺激もない男性では、安定しすぎていて、男性としての魅力を感じなくて「つまらない男」と見てしまうかもしれません。
女性の心をときめかせることができるかどうかで、女性がどれだけ好きになってくれるか変わってきます。

また臨機応変に対応が出来る人も頭の良さに入ります。
勉強だけできても社会では適用できません。
周りの空気を察知できて、適した判断が出来る人は、関心・尊敬します。
頭の回転が早いということになってくるのですが、何に対しても臆することなく融通が聞くというのは大事なことです。

この3つの中で何でも良いので、何かあれば女性は「頭の良い人」と判断してくれると思います。

レディーファーストを徹底する

年上の女性の中には恋愛に積極的ではない人もいます。
同年代の男性に対して不満を感じているために、そうなっているのかもしれません。
まず、男女の価値観は決定的に違います。

年齢が上である男性は口に出して言わなくても「男が上で、女性は下」「女性は黙って付いてくるだけで良い」と思っている人がいます。
しかし、働いている女性は、男女平等という意識が強いです。
付き合っていくうちに男性の考え方についていけなくなるのだと思います。

結婚をしても仕事は続けたいという女性は非常に多いです。
しかし、同年代以上の男性の場合は、「結婚したら家庭に入る」というイメージがあるようです。
子供が出来れば、子供の世話をするというのもこれにあたります。

もし、気になる女性が年上の場合、昔ながらの日本人の感覚ではない方が良いかもしれません。
デートではレディファーストを徹底します。これは年上男性にはないことです。
お店に入るときにドアを開けて、先に女性を中に入れるというのもレディファーストです。

重い荷物を抱えていればさっと手を差し伸べるというのもポイントです。
しかし、あくまでも重い荷物だけにしておきましょう。
全て持ってしまうと男女平等が崩れてしまいます。

また、歩きにくいポイントだっらり、車道側は歩かせないなどもさりげなくて良いと思います。
少しの気遣いで年上の女性が好感を持ってくれる可能性は十分にあります。